080-5872-2009

税務トピックス・コラム

「生計を一にする」とは?

税務トピックス

この言葉は、必ずしも一つ屋根のもと、同一の家屋に起居していることをいうものではありません。たとえば、勤務、修学、療養等の都合上離れて暮らしている場合でも常に生活費、学資金、療養費等の送金が行われている場合は、「生計を一にする」と判断します。

親族が同一の家屋に起居している場合には、明らかに互いに独立した生活を営んでいると認められる場合を除き、「生計を一にする」と判断します。

別居していた親族が「生計を一にしていた」ものとされるためには、その親族が他の親族と日常生活の資を共通にしていたことを要し、その判断は社会通念に照らして個々になされるところであり、少なくとも居住費、食費、光熱費その他日常の生活に係る費用の全部または主要な部分を共通にしていた関係にあったことを要すると解されるとの法令解釈が公表されています。

 
TOP