080-5872-2009

税務トピックス・コラム

遺言書があるとよい例

税務トピックス

  1. 下記のようなケースでは、遺言書があると、死後、自分が望むように財産を引き継ぐことができます。また、法的な効力はありませんが、残された家族に対して感謝の気持ちなどを残す方も多いようです。
    1. 家族が遠方に住んでいる場合
      集まって遺産分割協議を行うのが大変です。
    2. 不動産の遺産が多い又は自宅しか財産がない場合や先妻と後妻にそれぞれ子供がいる、実子と養子がいる、嫡出子と非嫡出子がいる、等、遺産分割協議が難しい場合
    3. 各財産を継がせたい人がある場合
  2. 遺言書に「財産目録」を添付することで、遺産の調査が簡単になります。
TOP