080-5872-2009

税務トピックス・コラム

相続税の申告期限までに遺産が未分割の場合

税務トピックス

申告期限までに「申告期限後3年以内の分割見込書」を提出します。

さらに、相続税の提出期限から3年以内に遺産が分割できない場合には、「遺産が未分割であることについてやむを得ない事由がある旨の承認申請書」をその提出期限後3年を経過する日の翌日から2か月以内に提出する必要があります。




その申請書に記載すべき「やむを得ない事情」とは、次のものです。

  1. 相続などに関する和解又は調停の申立てがされている場合
  2. 相続などに関する和解又は調停又は審判の申立てがされている場合
  3. 遺言書において遺産の分割が禁止されている場合
  4. 税務署長が客観的に遺産の分割ができないと認められる場合

  1. 相続人のいずれかが行方不明等であり、かつ、その者に係る不在者財務管理人が選任されていない場合
  2. 相続人のいずれかが精神又は身体の重度の障害疾病のため加療中である場合
  3. 相続人のいずれかが職務上の理由などから帰国できない場合

また、その分割ができることとなった日の翌日から4か月以内に分割されなければなりません。

TOP