080-5872-2009

税務トピックス・コラム

相続への備えについて

税務トピックス

ご自分やご親族の「相続」を毎年、年末や誕生日などに見直すことをお勧めします。

  1. 財産を書き出してみましょう。土地、建物、有価証券、預貯金など、その時の価額を概算で出してみましょう。
  2. 相続財産の合計額が基礎控除額を超えるかどうか調べましょう。
    基礎控除額は、3000万円+600万円×法定相続人の数
  3. 相続財産の合計額が基礎控除額を超えたら、相続税を概算で計算してみましょう。
    法定相続人の法定相続分A 税率B 控除額C
    1,000万円以下 10%
    1,000万円超 3,000万円以下 15% 50万円
    3,000万円超 5,000万円以下 20% 200万円
    5,000万円超 1億円以下 30% 700万円
    1億円超 2億円以下 40% 1,700万円
    2億円超 3億円以下 45% 2,700万円
    3億円超 6億円以下 50% 4,200万円
    6億円超 55% 7,200万円
  4. 納税資金を準備しましょう。納税資金が十分でない場合、生命保険等を利用しましょう。死亡保険金は、受取人が指定されているため、遺産分割協議の対象ではありません。そのため、受取人が請求することで比較的速やかに支払われます。また、生命保険には非課税枠(500万円×法定相続人の数)があります。
  5. 生前贈与等により、相続税を減らしたり、相続人以外の人に財産を贈与することができます。

相続は、それぞれのお気持ちがあるので、一人ひとり抱えている問題が異なります。おひとり、おひとり親身にじっくりお話を伺います。
最初のご相談は無料です。そのうえで、詳細な相続対策を行うかどうかご検討下さい。

弊所は、「茅ケ崎ローカル応援チケット」が使えます。
使用可能期間は、2020年10月1日~2021年2月14日です。

TOP