080-5872-2009

税務トピックス・コラム

相続放棄をした人がいる場合の死亡保険金について

税務トピックス

  1. 契約者と被保険者が同一の場合、受け取る死亡保険金は受取人固有の財産であるため、相続放棄をした人も死亡保険金を受け取ることができます。
  2. 被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金で、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。相続放棄した人が受け取った死亡保険金も相続税の課税対象となります。 相続人が受け取った保険金等は、非課税限度額(500万円 × 法定相続人数 )を超えた金額が相続税の課税対象になります。この非課税限度額の法定相続人数の中に相続放棄をした人の数は含まれます。
    しかし、相続放棄をした人は、保険金等の非課税の適用を受けることはできません。
  3. 被相続人に支給されるべきであった退職手当金や功労金などを相続人が受け取ったときは相続税の課税対象になります。
    相続人が受け取った退職手当金等は、非課税限度額(500万円 × 法定相続人数 )を超えた金額が相続税の課税対象になります。この非課税限度額の法定相続人数の中に相続放棄をした人の数は含まれます。しかし、相続放棄をした人は、退職金等の非課税の適用を受けることはできません。
  4. 相続税の基礎控除額(3,000万円+600万円×法定相続人数)の法定相続人数の中に相続放棄した人の数は含まれます。
TOP