080-5872-2009

税務トピックス・コラム

所得税確定申告の65万円の青色申告特別控除の適用要件の変更について

税務トピックス

令和元年分申告まで
控除額 要件
青色控除 基礎控除 合計 記載方法
申告方法
65万円 38万円 103万円 ①正規の簿記の原則で記帳(複式簿記)
②貸借対照表と損益計算書を添付
③期限内申告
10万円 38万円 48万円 簡易な記帳
令和2年分申告以降
控除額 要件
青色控除 基礎控除 合計 記載方法
申告方法
65万円 48万円 113万円 ①正規の簿記の原則で記帳(複式簿記)
②貸借対照表と損益計算書を添付
③期限内申告
④イータックスによる電子申告又は電子帳簿保存
55万円 48万円 103万円 ①正規の簿記の原則で記帳(複式簿記)
②貸借対照表と損益計算書を添付
③期限内申告
10万円 48万円 58万円 簡易的な記帳
  1. 令和2年分から、65万円控除を受けるためには、ご自宅等のパソコンにより、イータックスで確定申告書及び青色申告決算書のデータを送信する必要があります。
  2. 税務署のパソコンでは、青色申告決算書等のデータをイータックスで送信することはできないため、65万円控除は受けられません。
  3. 電子帳簿保存とは、一定の要件の下で帳簿を電子データのままで保存できる制度です。この制度の適用を受けるには、帳簿の備付けを開始する日の3か月前の日までに申請書を税務署に提出する必要があります。
  4. 令和2年分の所得税確定申告から65万円控除を受けるためには、その年中の事業に係る仕訳帳及び総勘定元帳について、税務署長の承認を受けて電磁的記録による備付け及び保存を行う必要があります。
  5. 令和2年分に限り、令和2年9月29日までに承認申請書を提出し、同年中に承認を受けて、同年12月31日までの間に、仕訳帳及び総勘定元帳の電磁的記録による備付け及び保存を行うことで、65万円控除を受けることができます。
TOP