080-5872-2009

税務トピックス・コラム

改元に伴う納付書の記載方法について

税務トピックス

 5月1日から新元号に改められます。改元前に使用していた納付書には、すでに「平成」が印字されていますが、そのまま、引き続き使用することができることを国税庁が発表しました。

  1. 納付書に印字されている「平成」を二重線で抹消したり「令和」を追加記載する必要はありません。
  2. 平成31年(2019年)4月1日から令和2年(2020年)3月末日までに納付する場合、納付書の「年度欄」は「31」と記載して下さい。
  3. 対象となる納付書は、以下のとおりです。
    • 源泉所得税の所得税徴収高計算書
    • 利子等の所得税徴収高計算書
    • 配当等の所得税徴収高計算書
    • 給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書(一般用)
    • 給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書(納期特例分)
    • 非居住者・外国法人の所得についての所得税徴収高計算書
    • 報酬・料金等の所得税徴収高計算書
    • 定期積金の給与補てん金等の所得税徴収高計算書
    • 上場株式等の源泉徴収選択口座調整所得金額及び源泉徴収選択口座内配当等・未成年者口座等において契約不履行等事由が生じた場合の所得税徴収高計算書
    • 償還差益の所得税徴収高計算書
    • 割引債の償還金に係る差益金額の所得税徴収高計算書

 なお、新元号が印字された納付書は、税務署で10月以降に配布予定だそうです。

TOP