080-5872-2009

税務トピックス・コラム

国際的な課税・徴収逃れへの対応について

コラム

国際的な取引や海外の資産を利用した悪質な課税・徴収逃れに対する取り組みとして、外国税務当局との情報交換や徴収共助により、厳正かつ的確な対応が進んでいます。

事例1:海外預金の申告漏れの把握

  1. 納税者Aは、国内の財産のほか、海外(X国)の 預金(被相続人名義)も相続。
  2. Aは、相続税申告において国内財産のみ計上。
  3. X国税務当局から国税庁(日本)に預金情報 (CRS情報)を提供。
  4. 税務調査により、申告漏れを是正。

事例2:徴収共助による滞納国税の徴収

  1. 納税者Bは、国税を滞納しているが、国内には 十分な財産を保有していない。
  2. 国税庁は、Y国税務当局からの情報提供により、 BがY国に財産を保有していることを把握。
  3. 国税庁からY国税務当局に共助要請。
  4. Y国税務当局はY国内の財産を差押え・換価。
  5. 日本への送金により、滞納国税の全額を徴収。
TOP