080-5872-2009

税務トピックス・コラム

103万円と130万円の壁について

コラム

1. 103万円の壁

  1. 配偶者の給与所得の年収が103万円以下の場合、世帯主は所得税において年間38万円の配偶者控除を受けることができます。
  2. 配偶者の給与所得の年収が103万円超150万円以下の場合、世帯主は所得税において年間38万円の配偶者特別控除を受けることができます。
  3. 配偶者の給与所得の年収が150万円超201.6万円未満の場合、世帯主は所得税において年間38万円を上限に配偶者特別控除を受けることができます。控除額は、段階的に減額されます。

なお、世帯主の給与所得の年収が1,095万円を超えると控除額が段階的に減少し、1,195万円を超えると、配偶者控除及び配偶者特別控除歯受けられません。

2. 130万円の壁

配偶者の給与所得の年収が130万円以上(60歳以上または障害者の場合180万円以上)になると世帯主の扶養から外れ、自ら社会保険料を負担しなければなりません。

TOP