080-5872-2009

税務トピックス・コラム

ひとり親控除の見直しについて

コラム

改正前、同じひとり親であっても、離婚・死別であれば寡婦(夫)控除が適用されるのに対し、未婚の場合は適用されませんでした。また、男性のひとり親と女性のひとり親で寡婦(夫)控除の額が違うなど、男女の間でも扱いが異なっていました。
今回の改正では、すべてのひとり親に対して、
①婚姻歴や性別にかかわらず、生計を同じくする子(総所得金額等が48万円以下)を有する単身者について、同一の「ひとり親控除」(控除額35万円)を適用する。
②上記以外の寡婦については、引き続き寡婦控除として、控除額27万円を適用する。子以外の扶養親族を持つ寡婦については、男性の寡夫と同様の所得制限(所得500万円(年収 678万円)以下)を設ける。なお、ひとり親控除、募婦控除のいずれについても、住民票の続柄に「夫(未届)」「妻(未届)」の記載がある者は対象外とします。(財務省HPより)

TOP