080-5872-2009

税務トピックス・コラム

交際費等について

コラム

交際費等とは、交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為のために支出する費用をいいます。
ただし、飲食その他これに類する行為のために要する費用を飲食等に参加した者の数で割って計算した金額が5,000円以下である費用は、次の事項を記載した書類を保存している場合に限り交際費等から除外されます。

  • 飲食等の年月日
  • 飲食等に参加した得意先、仕入先その他事業に関係のある者等の氏名又は名称及びその関係
  • 飲食等に参加した者の数
  • その費用の金額並びに飲食店等の名称及び所在地(店舗がない等の理由で名称又は所在地が明らかでないときは、領収書等に記載された支払先の名称、住所等)
  • その他参考となるべき事項

1. 交際費の損金不算入額の計算

(1)期末の資本金の額又は出資金の額が1億円以下である等の法人

交際費等の支出額が定額控除限度額(800万円)以下である場合はゼロ
又は
交際費等の支出額のうち定額控除限度額(800万円)を超える部分の金額

(2)それ以外の法人

接待飲食費の額の100分の50相当額を超える部分の金額

2. 広告宣伝費

カレンダー、手帳、手ぬぐいなどを贈与するために通常要する費用や不特定多数の者に対する宣伝的効果を意図した費用は、交際費等には含まれないものとされ、広告宣伝費となります。

3. 福利厚生費

専ら従業員の慰安のために行われる運動会、演芸会、旅行などのために通常要する費用については交際費等から除かれ、福利厚生費などとされます。

4. 寄付金

金銭、物品その他経済的利益の贈与又は無償の供与は寄付金です。一般的に寄附金、拠出金、見舞金などと呼ばれるものは寄附金に含まれます。ただし、これらの名義の支出であっても交際費等、広告宣伝費、福利厚生費などとされるものは寄附金から除かれます。

TOP