080-5872-2009

税務トピックス・コラム

処方箋なしで購入した漢方薬などの費用は医療費控除の対象になりますか?

コラム

治療又は療養に必要な場合には、医療費控除の対象となります。
医薬品の購入費用で医療費控除の対象となるものは、治療又は療養に必要なものであることが必要です。
漢方薬やビタミン剤は、治療又は療養のために効能があるほか、疾病の予防や健康の増進にも効能があり、これらの購入費用について医療費控除を受けるためには、その漢方薬やビタミン剤が医薬品であることに加え、その費用が治療又は療養に必要なものであることが必要となります。

漢方薬等は、製薬会社が健康補助食品として製造販売し、その使用目的が食用に限定されたものである場合は、「医薬品」に該当しない。
また、虚弱体質や肉体疲労の場合等の滋養強壮を効能効果として疲労回復や健康維持のために用いられ、医師の処方箋がなくても薬局等で購入可能なものであり、「治療又は療養に必要な医薬品」でないとして、医療費控除の対象となる医療費に該当しないとした裁判事例がある。

参考

申告する方やその方と生計を一にする配偶者その他の親族のために、令和元年(平成31年)中に支払った医療費がある場合は、次のとおり計算した金額を医療費控除として、所得金額から差し引くことができます。

TOP