080-5872-2009

税務トピックス・コラム

介護休業制度について

コラム

厚生労働省のHPより、「介護休業制度の概要」を紹介します。勤務先に制度がない場合でも、法に基づいて制度を利用できるそうです。

制度 概要
介護休業 要介護状態にある対象家族1人につき通算93日まで、3回を上限として分割して休業を取得することができます
介護休暇 通院の付き添い、介護サービスに必要な手続きなどを行うために、年5日(対象家族が2人以上の場合は年10日)まで1日又は半日単位で介護休暇を取得することができます
所定外労働の制限(残業免除) 介護が終了するまで、残業を免除することができます
時間外労働の制限 介護が終了するまで、1か月24時間、1年150時間を超える時間外労働を制限することができます
深夜業の制限 介護が終了するまで、午後10時から午前5時までの労働を制限することができます
所定労働時間短縮等の措置 事業主は、利用開始の日から3年以上の期間で、2回以上利用可能な次のいずれかの措置を講じなければなりません
・短時間勤務制度
・フレックスタイム制度
・時差出勤の制度
・介護費用の助成措置
※労働者は、措置された制度を利用することができます
不利益取扱いの禁止 介護休業などの制度の申出や取得を理由とした解雇など不利益な取扱いを禁止しています
ハラスメント防止措置 上司・同僚からの介護休業等を理由とする嫌がらせ等を防止する措置を講じることを事業主に義務付けています
TOP