080-5872-2009

税務トピックス・コラム

「デジタル資産」について

コラム

相続財産として把握しにくいものとして、いわゆる「デジタル資産」があります。

  1. パソコン、スマホ、携帯電話などの情報端末
    データの入れ物にすぎず、経年劣化するので、データを移し替えたり、コピーを作る必要があります。
  2. 情報端末に保存されているデータ
    デジタルデータは、それを利用するためのソフトウエアの使用期限が過ぎれば利用できません。バックアップを行うことや、別の端末に保存する方法が考えられます。しかし、そのことでインターネット上に拡散するリスクが生じます。
  3. インターネット銀行の預金口座、証券口座、電子マネー、暗号資産(仮想通貨)など、インターネットを利用してしか実態がつかめない資産
    利用しているサービスのログインIDやパスワードがわからないと相続人などがアクセスすることができません。認知症を発症しても同様なことが起こります。そのため、健康なうちに、アカウントのIDなどをメモしておくことや不要な取引を閉じるなどの対策が重要です。

なお、SNS等のサービスも契約者が亡くなった場合、遺族がそれぞれの運営元に問い合わせをして、抹消手続きをしない限り、データなどがそのまま残ってしまいます。

TOP