080-5872-2009

税務トピックス・コラム

源泉徴収が必要な報酬について

コラム

1. 源泉徴収が必要な報酬・料金等の範囲

源泉徴収が必要な報酬・料金等の範囲は、その報酬・料金等の支払を受ける者が、個人であるか法人であるかによって異なっています。

  1. 報酬・料金等の支払を受ける者が個人の場合の源泉徴収の対象となる範囲
    • 原稿料や講演料などただし、懸賞応募作品の入選者などへの支払については、一人に対して1回に支払う金額が5万円以下であれば、源泉徴収をしなくてもよいことになっています。
    • 弁護士、公認会計士、司法書士等の特定の資格を持つ人などに支払う報酬・料金
    • 社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬
    • プロ野球選手、プロサッカーの選手、プロテニスの選手、モデルや外交員などに支払う報酬・料金
    • 芸能人や芸能プロダクションを営む個人に支払う報酬・料金
    • ホテル、旅館などで行われる宴会等において、客に対して接待等を行うことを業務とするいわゆるバンケットホステス・コンパニオンやバー、キャバレーなどに勤めるホステスなどに支払う報酬・料金
    • プロ野球選手の契約金など、役務の提供を約することにより一時に支払う契約金
    • 広告宣伝のための賞金や馬主に支払う競馬の賞金
  2. 報酬・料金等の支払を受ける者が法人の場合の源泉徴収の対象となる範囲馬主である法人に支払う競馬の賞金

2. 報酬・料金等の源泉徴収を行う場合の注意事項

  1. 支払を受ける者が研究会、劇団などの団体などである場合の、個人か法人かの判定
    支払を受ける者が、法人税を納める義務があること又は定款、規約、日常の活動状況などから、団体として独立して存在していることを明らかにした場合は法人として取り扱い、そうでなければ個人として取り扱います。
  2. 謝礼、研究費、取材費、車代などの名目で支払われていても、その実態が報酬・料金等と同じであれば源泉徴収の対象になります。しかし、報酬・料金等の支払者が、直接交通機関等へ通常必要な範囲の交通費や宿泊費などを支払った場合は、報酬・料金等に含めなくてもよいことになっています。
  3. 金銭ではなく、物品で支払う場合も報酬・料金等に含まれます。
  4. 報酬・料金等の額の中に消費税及び地方消費税の額(以下、「消費税等の額」といいます。)が含まれている場合は、原則として、消費税等の額を含めた金額が源泉徴収の対象となります。ただし、請求書等において、報酬・料金等の額と消費税等の額が明確に区分されている場合には、その報酬・料金等の額のみを源泉徴収の対象とする金額として差し支えありません。
TOP