080-5872-2009

税務トピックス・コラム

相続した土地を売ったとき

コラム

 相続や遺贈により土地を取得して、かつ、相続税が課税されているときに、その土地を、相続開始のあった日の翌日から相続税の申告期限の翌日以後3年を経過する日までに売却した場合、下記のように計算した相続税額を取得費に加算することができます。

1. 取得費に加算する相続税額

 取得費に加算する相続税額は、相続又は遺贈の開始した日により、次の(1)又は(2)の算式で計算した金額となります。ただし、その金額がこの特例を適用しないで計算した譲渡益の金額を超える場合は、その譲渡益相当額となります。

(1)平成27年1月1日以後の相続又は遺贈により取得した土地を譲渡した場合の算式は、次のとおりとなります。なお、譲渡した財産ごとに計算します。

(2)平成26年12月31日以前の相続又は遺贈により取得した土地を譲渡した場合の算式は、次のとおりとなります。
土地等を譲渡した人にかかった相続税額のうち、その者が相続や遺贈で取得した全ての土地等に対応する額

ただし、既にこの特例を適用して取得費に加算された相続税額がある場合には、その金額を控除した額となります。
土地等には、相続時精算課税の適用を受けて、相続財産に合算された贈与財産である土地等や、相続開始前3年以内に被相続人から贈与により取得した土地等が含まれ、相続開始時において棚卸資産又は準棚卸資産であった土地等や物納した土地等及び物納申請中の土地等は含まれません。

TOP