税務トピックス

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  税務トピックス  ≫  図書券を購入して取引先に贈答した場合について

税務トピックス

図書券を購入して取引先に贈答した場合について

商品券など物品切手等を用いる取引では、物品切手等の購入は消費税が非課税とされ、後日、物品切手等を使って実際に商品の購入をしたり、サービスの提供を受けた時が消費税の課税の時期となります。
すなわち、仕入れに含まれる消費税額の控除は、商品券などを購入した時ではなく、後日その商品券などを使って実際に商品の購入又はサービスの提供を受けた時に行うことになります。
なお、事業者が自ら使う商品券などで継続して購入した日の属する課税期間の課税仕入れとしている場合は、その経理処理が認められることになります。