税務トピックス

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  税務トピックス  ≫  国際観光旅客税について

税務トピックス

国際観光旅客税について

観光先進国実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図るための恒久的な財源を確保するために「「国際観光旅客税」が創設されました。平成31年1月7日以降日本から出国する者を対象に国際観光旅客税が導入されます。税率は、日本からの出国1回につき1,000円です。

1. 納税義務者

船舶又は航空機により日本から出国する者

2.支払方法

日本から出国する際に利用する船舶会社又は航空会社に支払います。

なお、旅行会社等を経由して支払う場合もあります。

☆原則として、船舶会社や航空会社がチケット代金に上乗せするなどの方法で、日本から出国する者から徴収し、これを国に納付する制度になっています。

3. 国際観光旅客税を支払う必要がない者

「2歳未満の者」や「平成31年1月7日より前に発見された航空券により、平成31年1月7日以後に出国される者」等、一定の者は国際観光旅客税を支払う必要がありません。