税務トピックス

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  税務トピックス  ≫  電子商取引の急速な進展に関する国税庁の対応について

税務トピックス

電子商取引の急速な進展に関する国税庁の対応について

1. 電子商取引は、下記のような特徴があります。

取引が広域化、国際化

 電子商取引には国境等が存在しないことから、事業者の海外への進出が促進されるなど、ネットワークを通じて取引が広域化、国際化する。

事業者の把握・特定が困難

 店舗、資金がなくとも誰でも参入できるほか、取引の匿名性が高く、納税者の把握が困難である。

取引記録の把握・確認が困難

 データの消去が容易であるほか、電子的な取引情報等は把握・確認が困難である。

2. 電子商取引専門調査チームの設置

電子商取引を行っている事業者及び電子商取引関連業者に対する税務調査・情報収集を専門的に行う電子商取引専門調査チームを設置した。

電子商品取引の事例(個人輸入の代行業)