税務トピックス

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  税務トピックス  ≫  不動産取得税について

税務トピックス

不動産取得税について

不動産取得税は、土地や建物を取得した人が納付する税金です。

1. 税額

取得した時の価格に次表に掲げる税率を乗じた金額です。

取得時期 住宅 住宅以外の家屋 土地
平成30年3月31日まで 3% 4% 3%

宅地を平成30年3月31日までの間に取得した場合は、土地の価格の2分の1の相当する額を「土地の価格」とする負担調整措置が講じられています。

別荘は、「住宅」に該当しません。

2. 不動産の価格は、原則、固定資産税評価額とします。

3. 不動産の取得とは?

法務局の登記の有無、有償・無償(取得に当たり代金などを支払ったかどうか)にかかわらず、法律上の原因に基づいて不動産の所有権を現実に取得することをいいます。具体的には、売買、交換、贈与、新築、贈与、改築などがあります。

4. 課税の特例

(ア)新(増・改)築住宅

要件 住宅の床面積が50平方メートル(戸建以外の貸家住宅については1戸当たりの床面積が40平方メートル)以上240平方メートル以下のもの
控除額 住宅の価格から1戸につき1,200万円(※)が控除されます(価格が控除額未満である場合はその額)。
※認定長期優良住宅を平成21年6月4日から平成30年3月31日までに取得した場合は、1戸につき1,300万円

(イ)新築住宅用の敷地

要件 (ア)の軽減措置が適用される新築住宅の敷地を取得した場合で、次のいずれかに該当するときで一定の場合
減額の額 取得した土地の税額から、次のいずれか多い方の額が減額されます。
・45,000円
・土地1平方メートル当たりの価格 × 住宅の床面積の2倍(1戸につき200平方メートルが限度)× 3%

(ウ)耐震基準適合既存住宅(中古住宅)およびその敷地
耐震基準適合既存住宅か否かで減額内容が異なります。