税務トピックス

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  税務トピックス  ≫  マイホームを買換えした時の住宅ローン控除について

税務トピックス

マイホームを買換えした時の住宅ローン控除について

マイホームを買換えした時、居住の用に供した年とその前後の2年ずつの計5年間に、下記の特例を受けている場合は住宅ローン控除を受けることはできません。

1.マイホームを売却して利益が出た場合の3,000万円特別控除

所有期間の長短に関係なくマイホームの売却利益から最高3,000万円まで控除ができる特例があります。ただし、一定の適用要件がありますので注意が必要です。

2.マイホームを売却して利益が出た場合の軽減税率の特例

所有期間が10年超のマイホームを売って、一定の要件に当てはまるときは、長期譲渡所得の税額を通常の場合よりも低い税率で計算する軽減税率の特例を受けることができます。

3.マイホームを売却して利益が出た場合の特定居住用財産の買換え特例

特定のマイホームを平成27年12月31日までに売って、代わりのマイホームを買い換えたときは、一定の要件のもと、譲渡益に対する課税を将来に繰り延べることができます(譲渡益が非課税となるわけではありません。)

4.特定の居住用財産を交換した場合の長期譲渡所得の課税の特例

所有期間が1年以上の土地や建物などの固定資産を同じ種類の固定資産と交換したときは、譲渡がなかったものとする特例があります。

5.既成市街地等内にある土地等の中高層耐火建築物等の建設のための買換え及び交換の場合の譲渡所得の課税の特例

首都圏、近畿圏、中部圏の特定の既成市街地等や近郊整備地帯等またはこれに準ずる区域として定められた地区内にある土地や建物を譲渡し、原則としてその譲渡した年の12月31日までに、その譲渡した土地または建物の敷地の上に建築された地上階数3以上の主として住宅用の中高層の耐火共同住宅の全部または一部を取得して、その取得の日から1年以内に事業の用もしくは居住の用に供した場合または供する見込みである場合には、取得価額の引継ぎによる買換え特例が適用されます。