税務トピックス

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  税務トピックス  ≫  法人税率の引き下げについて

税務トピックス

法人税率の引き下げについて

平成24年4月1日以後に開始する事業年度から、法人税率が4.5%(中小法人に対する軽減税率は3%)引き下げられることになりました。ただし、平成24年4月1日から平成27年3月31日までに開始する事業年度から3年間については、東日本大震災からの復興財源とすることを目的として、復興特別法人税が課税されます。復興特別法人税は、その事業年度の法人税額の10%相当額とされます。

改正前後の法人税率

改正前 改正後
年800万円以下の
所得
年800万円超の
所得
年800万円以下の
所得
年800万円超の
所得
中小法人以外 30% 30% 25.5%
(28.05%)
25.5%
(28.05%)
中小法人 18% 30% 15%
(16.5%)
25.5%
(28.05%)

・中小法人とは、資本金又は出資金額が1億円以下の法人をいいます。
・表中の( )書きは復興特別法人税を加算した税率です。

復興特別法人税制度とは・・・

法人の各事業年度の所得の金額に対する法人税の額に10%の税率を乗じて計算した復興特別法人税を、法人税と同じ時期に申告・納付することとされているものであり、利子など一定の所得に課された復興特別所得税額などがある場合には、所定の金額を控除した後の金額を納付することとされています。また、復興特別法人税の額の計算上控除しきれない復興特別所得税額がある場合には、その還付を受けるための申告書を提出することができることとされています。