税務トピックス

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  税務トピックス  ≫  マイホームを売った人は要注意!

税務トピックス

マイホームを売った人は要注意!

売ったことにより、利益が出た人は・・・

マイホームを買換えた場合
所有期間が10年超、本人の居住期間が10年超、売った相手が配偶者等の親族等でない、売った額が2億円以下、売った年の前年~翌年中に買い換えた、等一定の要件を満たせば、「特定居住用財産の買換特例」が受けられます。
新居の購入価額>売却価額・・・税金はゼロ
新居の購入価額<売却価額・・・差額に税金がかかる
ただし、下記2、3との併用はできません。新居をローンで購入している場合、住宅借入金等特別控除との併用ができませんので、どちらか有利なほうを選択しましょう。

マイホームを買換えていない場合
所有期間にかかわらず、売った相手が配偶者等の親族等でない、3年以内に3,000万円特別控除や特定居住用財産の買換特例等を受けていない等一定の要件を満たせば、「3,000万円特別控除」が受けられます。
譲渡所得から3,000万円が控除できます。
ただし、「特定居住用財産の買換特例」や住宅借入金等特別控除との併用ができませんので、どちらか有利なほうを選択しましょう。

マイホームを買換えていない場合
所有期間が10年を超えていれば、譲渡所得のうち、6,000万円までは、所得税率が15%ではなく10%に軽減されます。
ただし、「特定居住用財産の買換特例」や住宅借入金等特別控除との併用は認められません。

売ったことにより、損失が出た人は・・・

マイホームを買換えて、しかも、住宅ローンがある場合
一定の要件を満たせば、他の所得と損益通算でき、引ききれない損失は3年間繰越控除できます。

売却代金以上の住宅ローンが残っている場合
一定の要件を満たせば、他の所得と損益通算でき、引ききれない損失は3年間繰越控除できます。

詳細は、当事務所にご相談下さい。