特集

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  特集  ≫  法人特集  ≫  交際費

法人特集

交際費

交際費とは、会社が支払った得意先や仕入先との飲食代やお中元・お歳暮などの贈答品代等をいいます。会社の経営上必要な経費なのですが、全額は経費として認められず、一部しか経費になりません。

ただし、個人事業の場合は、交際費の全額が経費として認められます。これは、個人事業は小規模な事業で家族経営のことも多く、制限を設けなくてもそれほど派手に交際費を使うこともないだろうということのようです。

では、法人の場合、どれくらいが経費にならないのでしょう。

(1)
資本金の額又は出資金の額が1億円超の会社は、全額経費になりません。
(2)
資本金の額又は出資金の額が1億円以下の会社は、年間600万円までは、交際費として支出した額の90%まで経費になり、600万円を超える部分は全額経費になりません。
この600万円が改正以前は400万円でした。平成21年4月1日以後に終了する事業年度から適用されます。

なお、接待飲食費のうち一人あたりの金額が5,000円以下の場合は、交際費等の費用とは考えず、全額経費と認められます。ただし、この規定は、次の事項を記載した書類を保存している場合に限り適用されます。

(1)
飲食等の年月日
(2)
飲食等に参加した得意先、仕入先その他事業に関係のある者等の氏名又は名称及びその関係
(3)
飲食等に参加した者の数
(4)
その費用の金額並びに飲食店等の名称及び所在地(店舗がない等の理由で名称又は所在地が明らかでないときは、領収書等に記載された支払先の名称、住所等)
(5)
その他参考となるべき事項