コラム

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  コラム  ≫  源泉所得税の納付書の記載漏れについて

コラム

源泉所得税の納付書の記載漏れについて

源泉所得税の納付について納期の特例を受けていると、1月~6月分までの源泉所得税の支払いを7月10日までに納付することになります。

いったん納付書により納付した後で、納付漏れに気づいた場合は、納付書にその旨を記載して、不足額を追加して納付することになります。
納付期限が過ぎてからの納付ですので、延滞税が課税される場合もありますので、早めに納付しましょう。
延滞税の額は、法定納期限の翌日から完納する日までの日数に応じ、次により計算した金額の合計額()となります。