コラム

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  コラム  ≫  「平成29年分公的年金等の源泉徴収票」の表示誤りと再送付について

コラム

「平成29年分公的年金等の源泉徴収票」の表示誤りと再送付について

日本年金機構が年金受給者に送った一部の「平成29年分公的年金等の源泉徴収票」の記載内容に、誤りがあることが判明し、該当するお客様には、早急に正しい源泉徴収票を再作成し、送付するとしています。
誤りは、記載された「控除対象配偶者」及び「控除対象扶養親族」の氏名(漢字氏名、フリガナ)であり、源泉徴収票に記載された事項のうち、「支払金額」、「源泉徴収税額」等、他の項目に誤りはないそうです。

国税庁は、これについて、下記のようなコメントを出しました。
源泉徴収票の記載内容に誤りがある方に対して、正しい源泉徴収票が1月末を目途に日本年金機構から再送付される予定です。
受け取った源泉徴収票の記載内容をご確認いただき、内容に誤りがある場合、正しい源泉徴収票が送付された後に、確定申告書を作成していただきますようお願いいたします。
なお、既に確定申告書を提出済みの方で、源泉徴収票の「控除対象配偶者」欄及び「控除対象扶養親族」欄の氏名に誤りがあり、是正が必要な場合につきましては、税務署からご連絡させていただきます。