コラム

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  コラム  ≫  国民健康保険料の計算方法について

コラム

国民健康保険料の計算方法について

 保険料は下の3つの項目に対し、所得割及び均等割を被保険者(加入者)1人ごとに計算し、平等割を加えたその世帯の合計額を世帯の1年間の保険料とします(介護納付金分は40歳以上65歳未満の方が該当します)。ただし、限度額は89万円(医療給付費分54万円+後期高齢者支援金等分19万円+介護納付金分16万円)です。

保険料率

区分 医療給付費分 後期高齢者支援金分 介護給付金分
所得割※ 6.47/100 1.83/100 1.99/100
均等割(被保険者1人当たり) 20,000 5,900 7,600
平等割(一世帯当たり) 27,800 8,100 7,400

※平等割(一世帯当たり)を計算する際の賦課標準額は、前年中に所得があった被保険者それぞれについて、総所得金額等から基礎控除(33万円)を差し引いた額です。

医療給付費分と後期高齢者支援金分と介護納付金分の合算額が納付する保険料となります。

(茅ケ崎市のHPより抜粋)