コラム

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  コラム  ≫  延滞税の計算方法

コラム

延滞税の計算方法

 納付が定められた期限に遅れますと、法定納期限(注1)の翌日から完納する日までの延滞税を併せて納付する必要があります。
 延滞税の額は、法定納期限の翌日から完納する日までの日数に応じ、次により計算した金額の合計額()となります。

(注1)法定納期限とは、国税に関する法律の規定により国税を納付すべき期限をいい、原則として法定申告期限と同一の日となります。

(注2)平成26年1月1日以後の期間に対応する延滞税の割合
納期限(※)までの期間及び納期限の翌日から2月を経過する日までの期間については、年「7.3%」と「特例基準割合+1%」のいずれか低い割合
納期限の翌日から2月を経過する日の翌日以後については、年「14.6%」と「特例基準割合+7.3%」のいずれか低い割合
 特例基準割合とは、各年の前々年の10月から前年の9月までの各月における銀行の新規の短期貸出約定平均金利の合計を12で除して得た割合として各年の前年の12月15日までに財務大臣が告示する割合に年1%の割合を加算した割合をいいます。
なお、重加算税が課されない場合、延滞税は1年以上は課税されません。