コラム

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  コラム  ≫  ふるさと納税について

コラム

ふるさと納税について

 ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です

所得税からの控除=(ふるさと納税額-2,000円)×「所得税の税率」
なお、控除の対象となるふるさと納税額は、総所得金額等の40%が上限です。
平成49年中の寄附までは、所得税の税率は復興特別所得税の税率を加えた率となります。

住民税からの控除(基本分)=(ふるさと納税額-2,000円)×10%
なお、控除の対象となるふるさと納税額は、総所得金額等の30%が上限です。

住民税からの控除(特例分)=(ふるさと納税額-2,000円)×(100%-10%(基本分)-所得税の税率)
住民税からの控除の特例分は、この特例分が住民税所得割額の2割を超えない場合は、の計算式で決まります。

住民税からの控除(特例分)=(住民税所得割額)×20%
で計算した場合の特例分が住民税所得割額の2割を超える場合は、の計算式となります。この場合、1,2、4の3つの控除を合計しても(ふるさと納税額-2,000円)の全額が控除されず、実質負担額は2,000円を超えます。
この実質負担額が2,000円を超える額=年間上限の目安は、下記のとおりです。

課税所得×2%/(90%-所得税の税率)+2,000円