コラム

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  コラム  ≫  寡婦控除と寡夫控除

コラム

寡婦控除と寡夫控除

1. 寡婦控除:27万円

寡婦とは、納税者本人が、原則としてその年の12月31日の現況で、
(1) 夫と死別し、若しくは離婚した後婚姻をしていない人、又は夫の生死が明らかでない一定の人で、扶養親族がいる人又は生計を一にする子がいる人です。この場合の子は、総所得金額等が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない人に限られます。又は、
(2) 夫と死別した後婚姻をしていない人又は夫の生死が明らかでない一定の人で、合計所得金額が500万円以下の人です。この場合は、扶養親族などの要件はありません。

2. 特定寡婦控除:35万円

特定寡婦とは、寡婦に該当し、かつ、次のすべての要件を満たす人です。
(1) 夫と死別し又は離婚した後婚姻をしていない人や夫の生死が明らかでない一定の人
(2) 扶養親族である子がいる人
(3) 合計所得金額が500万円以下であること。

3. 寡夫控除:27万円

寡夫とは、納税者本人が、原則としてその年の12月31日の現況で、次の三つの要件のすべてに当てはまる人です。
(1) 合計所得金額が500万円以下であること。
(2) 妻と死別し、若しくは離婚した後婚姻をしていないこと又は妻の生死が明らかでない一定の人であること。
(3) 生計を一にする子がいること。
 この場合の子は、総所得金額等が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族になっていない人に限られます。

※青色事業専従者である子がいる場合
その子の収入が38万円以下の場合、要件にあてはまれば、寡婦控除は受けられるが、特定の寡婦控除は受けられない。

※年少扶養親族
扶養控除の適用は受けられないが、要件にあてはまれば寡婦控除及び特定寡婦控除は、受けられる。