コラム

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  コラム  ≫  自筆証書遺言

コラム

自筆証書遺言

民法第968条には、自筆証書遺言について下記のように記されています。

自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。

自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

平成25年東京家裁で争われた事案は次のようです。

遺言者の自筆証書遺言に押印がされていなかったことについて、遺言者の長女である原告が、遺言者の自筆証書は。入院中に作成していたノートの一部分であり、その書面にはカタカナを崩したサインの様なものの記載はあるが、押印はされていないことから、その確認を求めた事案です。

東京家裁の判断では、我が国において、重要な文書について、押印に代えてサイン等のような略号を記載することによって文書の作成を完結させるという慣行や法認識が定着しているとは認められないとして、その自筆証書遺言を無効としました。