コラム

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  コラム  ≫  相続人の範囲について

コラム

相続人の範囲について

法定相続人になれる方

(1)
配偶者・・・常に相続人になります。
(2)
配偶者以外は、次の順位の方が配偶者とともに相続人になります。第2順位の方は、第1順位の方がいない場合のみ、第3順位の方は第1、2順位の方がいない場合のみ相続人になります。

第1順位 …
子供(子供がすでに死亡している場合は孫、孫が死亡している場合はひ孫)
第2順位 …
父母(父母がすでに死亡していて祖父母が生きている場合は祖父母)
第3順位 …
兄弟姉妹(兄弟姉妹がすでに死亡している場合はその子供)

法定相続人になれない方

(1)
離婚した元配偶者(子供は法定相続人になります)
事実上、離婚状態にあっても、被相続人が死亡した時に戸籍上配偶者であれば法定相続人になります。

(2)
内縁の妻又は夫
法律上の夫婦ではないので、法定相続人にはなれません。ただし、法定相続人がいない場合、相続人不存在の手続を行い、相続人不存在が確定した後、一定の期間内に一定の手続を経て、被相続人の相続財産を取得する場合があります。なお、このような場合には、生前に遺言を残しておくことをお勧めします。

(3)
再婚した配偶者の連れ子
養子縁組をしていれば、相続人になります。
(4)
特別養子制度によって養子に出た子供
(5)
被相続人によって認知されていない子供
(6)
相続欠格者
相続に関して不正な利益を得ようと、殺人、詐欺、脅迫など不正な行為を行った人、又は行おうとした人
(7)
相続排除者
被相続人に虐待をするなどした場合に被相続人の意思で相続権を奪うことができます。