コラム

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  コラム  ≫  年末調整について

コラム

年末調整について

年末調整は、給与から天引きされている所得税額の1年間の合計額がその人の年間の給与総額に対して納付すべき所得税額と一致するように精算する手続きで、給与支払者の下で行われます。

2か所以上から給与の支払を受けている場合

(1)
主たる給与をもらう会社に「扶養控除等申告書」等を提出します。
「扶養控除等申告書」を受け取った会社は、毎月天引きする源泉所得税を源泉徴収税額表の「甲欄」で計算します。そして、年末調整もこの主たる給与を支払う会社が行います。
(2)
従たる給与を支払う会社は、毎月天引きする源泉所得税を源泉徴収税額表の「乙欄」で計算します。そして、年末調整は行いません。
(3)
2か所給与の支払を受けている人は、主たる給与と従たる給与とを合わせて確定申告を行います。

年の途中で転職した場合

(1)
前職分の源泉徴収票を年末に在籍する会社に提出します。前職の会社に「扶養控除等申告書」を提出していれば、前職の会社は、毎月天引きする源泉所得税を源泉徴収税額表の「甲欄」で計算します。
(2)
年末に在籍する会社にも「扶養控除等申告書」を提出していれば毎月天引きする源泉所得税を源泉徴収税額表の「甲欄」で計算します。年末に在籍する会社が前職分の給与を合計して年末調整を行います。

年の途中で退職して、その後就職せず、年末において就職していない場合

その年に在籍したすべての会社の給与の源泉徴収票を受け取り、それらを合計して、確定申告します。