コラム

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  コラム  ≫  法人企業統計調査結果について

コラム

法人企業統計調査結果について

財務省が平成25年6月3日に平成25年1~3月期の企業統計調査結果を発表しました。この調査は、無作為抽出による標本調査だそうです。

売上高と利益の動向(金融業、保険業を除く)

(1)
売上高
製造業では、化学、金属製品などで増収となったものの、輸送用機械、情報通信機械、食料品などで減収となったことから、製造業全体では△6.6%となった。非製造業では、物品賃貸業、電気業などで増収となったものの、サービス業、卸売業、小売業、情報通信業などで減収となったことから、非製造業全体では△5.4%となった。資本金階層別では、10億円以上では△1.2%、1~10億円では△2.8%、1000万円~1億円では△11.8%となった。
(2)
経常利益
製造業では増益、非製造業では減益となった。資本金階層別では、1億円超では増益、1億円以下では減益となった。

設備投資
製造業では、輸送用機械、化学、石油・石炭などで増加したものの、電気機械、鉄鋼、生産用機械などで減少し、製造業全体では△8.3%となった。非製造業では、物品賃貸業、卸売業、小売業、不動産業などで増加したものの、情報通信業、サービス業、運輸業、郵便業などで減少し、非製造業全体では△1.5%となった。資本金階層別では、10億円以上の階層は△4.9%、1億円~10億円の階層は△1.4%、1,000万円~1億円の階層は△2.7%となった。なお、ソフトウェア投資額は1兆1,532億円で、増加率は9.7%となり、ソフトウェア投資額を除いた設備投資額は10兆2,396億円で、増加率は△5.2%となった。