コラム

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  コラム  ≫  ゴルフ会員権をめぐる税務

コラム

ゴルフ会員権をめぐる税務

ゴルフ会員権を売却して利益が出た場合
所得金額の計算は、その会員権の所有期間に応じて次のとおりとなります。

(1)
所有期間が5年以内のもの(短期譲渡所得)
譲渡収入金額-(取得費+譲渡費用)-50万円(特別控除額(注))=課税される金額
(2)
所有期間が5年を超えるもの(長期譲渡所得)
{譲渡収入金額-(取得費+譲渡費用)-50万円(特別控除額(注)}×1/2=課税される金額
(注)
譲渡所得の特別控除の額は、その年のゴルフ会員権の譲渡益とそれ以外の総合課税の譲渡益の合計額に対して50万円です。これらの譲渡益の合計額が50万円以下のときはその金額までしか控除できません。

なお、取得費とは、業者から購入した場合は会員権本体の価格+名義書換料+手数料(全て消費税込みの価格)であり、募集で購入した場合は会員権証券の額面ではなく募集金額(入会金+預かり金)のことです。ローン金利・年会費等は含まれません。

また、(1)と(2)の両方の譲渡益がある場合には、特別控除額は両方合わせて50万円が限度で、(1)の譲渡益から先に控除します。

ゴルフ会員権を売却して損失が生じた場合
ゴルフ会員権を売ったことにより生じた損失は、事業所得や給与所得など他の所得と損益通算することができます。ただし、ゴルフ場経営法人が破産した場合など損益通算できない場合があります。

ゴルフ会員権の譲渡が営利を目的として継続的に行われている場合には、その実態に応じて事業所得又は雑所得となります。

相続したゴルフ会員権を相続税の申告期限から3年以内に売却した場合、納付した相続税の一部を取得費とすることができます。