コラム

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  コラム  ≫  未分割の遺産から生ずる不動産所得について

コラム

未分割の遺産から生ずる不動産所得について

相続税申告書の提出期限はその相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月以内です。10か月の間に遺産分割協議を行うわけですが、相続財産の中に賃貸アパートがあった場合、遺産分割協議中の不動産所得は誰が申告すべきでしょうか?

相続財産について遺産分割が確定していない場合、その相続財産は各共同相続人の共有に属するものとされ、その相続財産から生ずる所得は、各共同相続人にその相続分に応じて帰属するものとなります。
したがって、遺産分割協議が整わないため、共同相続人のうちの特定の人がその収益を管理しているような場合であっても、遺産分割が確定するまでは、共同相続人がその法定相続分に応じて申告することとなります。
なお、遺産分割協議が整い、分割が確定した場合であっても、その効果は未分割期間中の所得の帰属に影響を及ぼすものではありませんので、分割の確定を理由とする更正の請求又は修正申告を行うことはできません。

青色申告の承認を受けていた被相続人の事業を相続により承継した場合は、相続開始を知った日(死亡の日)の時期に応じて、それぞれ次の期間内に所得税の青色申告承認申請書を提出すれば、青色申告が認められます。

(1)
その死亡の日がその年の1月1日から8月31日までの場合・・・死亡の日から4か月以内
(2)
その死亡の日がその年の9月1日から10月31日までの場合・・・その年の12月31日まで
(3)
その死亡の日がその年の11月1日から12月31日までの場合・・・その年の翌年の2月15日まで

なお、提出期限が土・日曜日・祝日等に当たる場合は、これらの日の翌日が期限となります。
遺産分割協議が期限までに間に合わない場合は、相続人全員で提出しておき、分割が決まったら相続しないと決まった相続人は青色申告の取りやめの手続を行います。

期限が大切になってきますので、お早目にご相談下さい。