コラム

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  コラム  ≫  損益通算することで節税になります!

コラム

損益通算することで節税になります!

損益通算とは、不動産所得、事業所得、譲渡所得、山林所得の金額に損失が生じた場合、この損失額を他の種類の所得の利益から差し引くことができることをいいます。利益が減れば節税になりますね。

上場株式等の売買益や売買損は損益通算することができます。また、申告分離課税を選択した上場株式等の配当所得金額とも損益通算できます。

売買損益 利息・配当・
分配金
償還金 解約金
日本株 申告分離課税(10%) 申告分離課税(10%) - -
株式投資信託 申告分離課税(10%) 申告分離課税(10%)
ミニ株・るいとう・ETF 源泉分離課税(10%) - -
商品先物・日経平均225先物 申告分離課税(20%) - - -
くりっく365(FX) - - -
非くりっく365(FX) - - -
外貨預金 総合課税 源泉分離課税(20%) - -
外貨MMF - 源泉分離課税(20%) 源泉分離課税(20%) -
外債 - 源泉分離課税(20%) 総合課税 -
同じ色どうしは、損益通算できます。
日本株の配当や株式投資信託の償還・解約金・分配金は、総合課税を選択した場合は、損益通算できません。
外貨預金の為替差益や純金・プラチナなどの積立は、雑所得に分類され、総合課税で課税されるため、損益通算できません。