コラム

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  コラム  ≫  少額贈与について

コラム

少額贈与について

贈与税の課税方法には、「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つがあり、一定の要件に該当する場合に「相続時精算課税」を適用することができます。

1. 暦年課税

贈与税は、一人の人が1月1日から12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から基礎控除額の110万円を差し引いた残りの額に対してかかります。したがって、1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません。
→申告不要

2. 相続時精算課税

贈与者ごとにその年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与を受けた財産の価額の合計額から2,500万円の特別控除額を控除した残額に対して贈与税がかかります。
なお、この特別控除額は贈与税の期限内申告書を提出する場合のみ控除することができます。また、前年以前にこの特別控除の適用を受けた金額がある場合には、2,500万円からその金額を控除した残額がその年の特別控除限度額となります。納税額がないときであっても財産をもらった人が財産をもらった年の翌年2月1日から3月15日の間に申告する必要があります。
→申告必要

3. 同一年中に贈与を受けた財産について相続時精算課税制度と暦年課税の適用を受ける場合

相続時精算課税適用の贈与も暦年課税適用の贈与についても、たとえ少額贈与であっても申告が必要になります。
→申告必要