コラム

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  コラム  ≫  青色申告?白色申告?

コラム

青色申告?白色申告?

不動産所得や事業所得等がある方は、納税地の税務署の承認を受ければ、青色申告をすることができます。青色申告を選ばなければ、白色申告となります。
青色申告をしようと思う年の3月15日までに「青色申告承認申請書」を納税地の所轄税務署長に提出しなければなりません。ただし、その年の1月16日以後に業務を開始した場合は、開始した日から2月以内に提出しなければなりません。

青色申告の主なメリット

所得金額から65万円(又は10万円)控除できる。

家族に支払った給与を必要経費にできる。

赤字になった時に3年間繰り越すことができる。

赤字になった時に前年分の所得税から還付を受けることができる。

中小企業者が30万円未満の減価償却資産を購入した場合、その取得価額を必要経費に算入できる。

白色申告のメリット

配偶者には86万円、その他の親族にはそれぞれ50万円を限度に必要経費として認められる。

白色申告を選択すれば、きちんとした帳簿作成の必要がないと思っている方も多いと思います。しかし、青色申告にしても白色申告にしても、領収証等の帳票を保存し、日々の帳簿の作成が必要であることに変わりはありません。まして、現在どのくらい儲かっているのか、どのくらい業務用の資産があるのかわからないで事業ができるわけがありません。
パソコンの普及により、会計ソフトも簡単に手に入るようになりました。しかし、会計ソフトに振り回される前に、お小遣い帳をつけるように、日々の取引をノートにつけてみましょう。その後に、できれば、パソコンでそれを表にしてみましょう。その後で、会計ソフトを開いてみましょう。
帳簿を付けることの第一の目的は、申告書を作成することではなく、事業の現在と将来を理解することにあります。まだ白色申告の方は、是非、青色申告に挑戦してみることをお勧めいたします。