コラム

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  コラム  ≫  老齢基礎年金の受給資格期間について

コラム

老齢基礎年金の受給資格期間について

老齢基礎年金の受給資格を得る加入期間は、原則25年です。

この加入期間は、
国民年金保険料納付済期間+国民年金保険料免除期間+合算対象期間
をいいます。

合算対象期間とは、カラ期間ともいわれ、受給資格対象期間の対象にはなりますが、老齢基礎年金の年金額には反映されません。次のような例があります。

(1)
昭和36年4月~昭和61年3月にサラリーマン世帯の専業主婦が国民年金に任意加入しなかった期間。
(2)
厚生年金保険加入者・共済組合等加入者・(昭和61年3月までの)船員保険の被保険者の昭和36年4月以後の加入期間のうち、20歳未満の期間と60歳以後の期間。
(3)
昭和36年3月以前の厚生年金保険・船員保険の被保険者期間。(昭和36年4月以後に公的年金の加入期間がある者に限る)
(4)
昭和36年4月まで引き続いている昭和36年3月以前の共済組合の組合員の期間。
(5)
厚生年金保険・船員保険の脱退手当金を受けた期間のうち、昭和36年4月以後の期間。(昭和61年4月から65歳に達する日の前日までの間に保険料納付済期間がある者に限る)
(6)
学生・海外在住者等、国民年金に任意加入できる期間等のうち、国民年金の被保険者とならなかった期間。(昭和36年4月以後で20歳以上60歳未満の期間に限る)

さて、上記の受給資格期間を満たしている者が65歳になると、老齢基礎年金を受給できる権利を得ることになり、翌月から受給することができます。しかし、保険料を滞納した期間があるなど65歳になった時に受給資格期間の25年を満たしていない場合があります。そのような場合は、任意加入して、受給資格期間を満たせば、その後年金が受給できるようになります。

なお、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていれば、60歳以上65歳未満の希望する時から老齢基礎年金を繰り上げて受けることができます。(繰上げ支給の年齢に応じて、年金は減額されます)