コラム

近藤久美子税理士事務所 ホーム  ≫  コラム  ≫  大地震が起きたら、新型インフルエンザが流行したら…

コラム

大地震が起きたら、新型インフルエンザが流行したら…

新型インフルエンザの大流行に対応した事業継続計画(Business Continuity Plan)を策定する際の考え方を整理したものが、中小企業庁や東京商工会議所などから紹介されています。備えあれば憂いなし。シミュレーションをして、災害時に計画的に行動できるようにあらかじめ手筈を決め、手を打っておくことが有効です。

1.
緊急時に優先して継続・早期復旧すべき事業(中核事業)を特定します。
災害時に、限られた人材・設備・原材料・資金・情報で継続する中核事業を選ぶ。
2.
いつまでに復旧すれば、顧客との取引を維持できるか、会社の財務が破たんしないか、目標復旧時間を定める。
3.
中核事業の継続に必要な資源(人材・設備・原材料・資金・情報)を災害時に確保できるような対策や代替策を用意する。
1人の従業員がいくつかの業務をこなせるようにトレーニングすることで欠勤者が出た場合の代替要員とする、在宅勤務体制を試行する、協力会社に代替生産を頼む、調達先を2箇所確保しておく、コンピュータのバックアップを取っておくなど。

策定したBCPは、従業員に周知・徹底しておくことが重要です。また、事業内容や新型インフルエンザの特性等が変わってしまうことも考えられますので、現時点の状況に適合したものかどうか随時確認し、見直しを行う必要があります。

最後に、「中小企業BCP策定運用指針」の中から「あなたの会社の事業継続能力を診断してみましょう」の設問をいくつか紹介します。あなたの会社はすべて「Yes」ですか?

(1)
緊急事態発生時に支援が到着するまでの従業員の安全や健康を確保するための適切な災害対応計画を作成していますか?
(2)
災害が勤務時間中に起こった場合、勤務時間外に起こった場合、あなたは、従業員と連絡を取り合うことができますか?
(3)
あなたのビルは自然災害の衝撃に耐えることができますか?そして、ビル内にある機器類はその衝撃から保護されますか?
(4)
あなたの会社周辺の地震や洪水の被害に関する危険性を把握していますか?
(5)
1週間又は1か月間程度、事業を中断した際の損失を把握していますか?
(6)
あなたは、災害時に事業を再開させる上で現在の保険の損害補償範囲が適切であるかどうかを決定するために保険専門家と相談しましたか?
(7)
1カ月分程度の事業運転資金に相当する額のキャッシュフローを確保していますか?
(8)
情報のコピーまたはバックアップをとっていますか?
(9)
主要顧客や各種公共機関への連絡リストを作成していますか?
(10)
社長であるあなたが出張中だったり、負傷したりした場合、代わりの者が指揮をとる体制が整っていますか?